醤油本


販売価格¥1,540(税込)

在庫有り



著者:高橋万太郎・黒島慶子
出版社:玄光社
A4変型判 128ページ


醤油を見つけて、醤油を知り
醤油を楽しむ本


日本の食卓には欠かせない醤油。
我々の生活に溶け込んだ調味料で
ありながら、全国にはおよそ1,400
にも及ぶ醤油蔵があり、それぞれが
独自の商品を販売していることは、
実はあまり知られていません。
醤油に惚れ込み、全国各地の醤油蔵を
訪ね歩き続けている2人が、
そんな思いを一冊の本にまとめたのが
本書です。


高橋万太郎(「職人醤油」代表)
日本全国選りすぐりの醤油を100mlで
統一して販売する「職人醤油」代表。
各地の醤油蔵の訪問件数は300を超える。
伝統産業・地域産業の中で「つくり手」
と「使い手」の「つなぎ手」となる
組織を目指して日々挑み続ける。
1980 年 群馬県前橋市出身。


黒島慶子(醤油ソムリエール)
醤油とオリーブオイルのソムリエで
webとグラフィックのデザイナー。
小豆島の醤油のまちに生まれ、
蔵人たちと共に育つ。
20歳の時に体温が伝わる醤油を造る
職人に惚れ込み、小豆島を拠点に
全国の蔵人を訪ね続けては、
さまざまな人やコトを結びつけている。


送料(クリックポスト¥188)